難易度はどれくらい? ENGLISH JURNALを使ったリスニングのお勧めの勉強方法

2021年7月4日

ENGLISH JOURNALとは?

ENGLISH JOURNALは英語学習向けの雑誌です。リスニングの題材としては著名人へのインタビューや対談が多く含まれています。また月ごとの特集記事があり、発音の練習方法や海外旅行で役に立つフレーズなどが紹介されます。

有名な英語学習者向け雑誌としては他にCNN ENGSLISH EXPRESSがあります。CNN ENGSLISH EXPRESSは題材が主にCNNニュースが中心であることに対して、ENGLISH JOURNALはニュースに限らず幅広い分野から題材が選ばれています。

ENGLISH JOURNALの難易度はどれくらい?

TOEIC800点以上、英検準1級以上くらいの方でないと聞き取れない部分が多くなりすぎて学習が非効率になると思います。

ネイティブスピーカーへのインタビューや対談などが多いため、TOEICや英検のリスニングパートの音声よりスピードが速く、音の連結(リエゾン)、脱落(リダクション)といった音声変化も多く起こります。

話している内容にもよりますが、全体的に難易度は英検1級のリスニングパートより難しいと思います。また、固有名詞が出てくることも多いため背景知識が無いと理解しにくいものもあります。

ENGLISH JOURNALを使ったお勧めの勉強方法

リスニングの勉強としては定番のディクテーション、シャドーイングがお勧めです。どちらも決して楽な勉強方法ではありませんが、リスニングの勉強としては効果が高いです。

シャドーイングが難しく感じるようでしたら、スクリプトを見ながら行うオーバーラッピングから始めるましょう。どうしても聞き取れない箇所はスロー再生してみましょう。ENGLISH JOURNALに収録されている音声は英語学習者向けに作られたものではありません。ですので、言い間違があったり、音の変化や欠落が教科書通りでないことも多いです。スクリプトにはあるけど全然発音されていない単語があるということも多くあります。

ディクテーション、シャドーイングを繰り返し行うことで、自然や英語のリズム、発音、イントネーションを学ぶことができます。また、インタビュー記事で使われている表現を取り入れることで英会話での表現力もアップさせることができます。

ENGLISH JOURNALとCNN ENGLISH EXPRESSはどちらがおすすめ?

これは学習目的やその人の興味によります。CNN ENGLISH EXPRESSはニュースが中心で硬めの題材が多いです。ENGLISH JOURNALは芸能人へのインタビューなどCNNに比べると硬くない題材が多いです。

音声としてはCNN ENGLISH EXPRESSはアナウンサーが話しているものが多いため、滑舌、発音がしっかりしています。ENGLISH JOURNALはインタビューや対談が多く、話している方もアナウンサーでない場合が多いので発音はよりくだけた感じだと思います。

聞き取りやすさでいうと、私はENGLISH JOURNALの方が難しく感じます。

ENGLISH JOURNALはKindle Unlimitedで読める

ENGLISH JOURNALの価格は1冊約1,500円ですが、2020/10/18時点ではAmazon Kindle Unlimitedの読み放題タイトルの中にENGLISH JOURNALが含まれています。Amazon Kindle Unlimitedは月額980円ですので、これからENGLISH JOURNALを購読していきたい方はKindle Unlimitedの利用も検討してみてください。

ENGLISH JOURNALは試験対策に効果的か?

ENGLISH JOURNALは素晴らしい英語教材だと思いますが、TOEICや英検の対策としては効率が悪いように思います。理由はENGLISH JORNALの音声はTOEICや英検で出題される音声よりもスピード、発音、語彙が難しいと思うからです。まずはTOEICスコアを伸ばしたり、英検に合格したいという人は試験対策の問題集や参考書で勉強した方が効率的です。

試験合格後など余裕が出てきてからENGLISH JOURNALでより実践的な英語力を身につけていくと良いと思います。

英語,読書

Posted by fanfanta