dpkgコマンドの使い方メモ

2020年3月8日

オプションとアクションのメモ

dpkgコマンドはDebian系ディストリビューションでDebianパッケージを管理するためのコマンド。 設定ファイルは/etc/dpkg/dpkg.cfg オプション
  • -E 同じバージョンが既にインストールされている場合は、インストールを行わない。
  • -G 新しいバージョンが既にインストールされている場合は、インストールを行わない。
  • -R ディレクトリ構造内を再帰的に処理する。
アクション
  • -c パッケージに含まれるファイル一覧を表示する。
  • -C パッケージのインストール状態を検査する。
  • -i パッケージをインストールする。
  • -I 指定したパッケージファイルの情報を表示する。
  • -l インストール済みパッケージの一覧を表示する。
  • -L 指定したパッケージからインストールされたファイルを表示する。
  • -P 設定ファイルも含めパッケージを削除する。
  • -r 設定ファイルを残してパッケージを削除する。
  • -s 指定したパッケージの詳細情報を表示する。
  • -S 指定したファイルを含んでいるパッケージを表示する。

Linux

Posted by fanfanta